モバイルの可能性を広げるmdm

仕事や授業の効率化を図るために欠かせないツールとなっているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス。小学校や中学校などの義務教育機関でのモバイルデバイスの導入もここ数年で着実に進んでおり、近い将来すべての学校に生徒1人に1台のタブレットが配布されるのでは?と言われるほどです。タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスを使用すると授業が効率よく進み、学習意欲もわきますし、仕事においても他の社員との情報共有がタイムリーに行うことができるなどたくさんのメリットがあります。しかしその反面情報漏洩の危険性や不正利用、端末管理の負担などのデメリットもあります。このデメリット、課題を克服するために欠かせないのがmdmの存在なのです。Mdmはスマートフォンやタブレット端末のビジネス活用、学習活用における幅広い課題を解決してくれ、モバイルデバイスの可能性を広げてくれます。mdmについての資料です

Posted in 未分類 | Leave a comment

子供たちの利用に合わせてmdm管理が可能

“スマホやタブレットの普及によって、小学校や中学校などの義務教育の現場でもタブレットなどのモバイルデバイスを使用した授業が積極的に行われています。国としてもなるべく早急に全国的にタブレットやスマホなどのモバイルデバイスを全面導入していこうと動いています。
この義務教育機関でのモバイルデバイス導入において、必ず必要となってくるのがmdm管理です。Mdmを使って一括管理することで教育機関など莫大な数のモバイルデバイスを利用する時でも手間なく、効率的に管理することができるのです。
Mdm管理は子どもたちの利用時間に合わせたポリシー設定を行うことができる機能がついています。タブレットは授業にひきつける魅力的なツールになるものの、使い方を間違ってしまうと授業中の集中力の妨げのアイテムとなってしまうこともあります。Mdm管理では時間帯によって異なるポリシーを、モバイルデバイス自体に設定する機能がついているので、授業時間にか使えないような管理も可能です。
mdm教育

Posted in 未分類 | Leave a comment

2020年 1人1台環境

IT化の波が激しく押し寄せているのはビジネス環境だけではなく、政府は2020年までに全ての学校で全生徒に対しての端末配布を目標としている。これが実現すれば端末シェアの4割り以上は教育現場が占める程の大きな市場となると試算されている。様々な問題点も指摘されるが、今後の若者は例外なく端末は扱える、学校で配らなくとも当たり前のようにスマホの扱いには自然と長けているのは現状でも如実に感じられる部分と言えるだろう。教育現場にしろビジネス環境にしろ、「流れ」として端末の導入は避けられない所まで来ていると言える。そしてそういった組織内で使われる端末は組織内でキチンと管理運営されている必要がある。社用の端末を無くしましたとなれば、それはもう「自己責任」では無い。オフィスのテーブルが一つ街中に消えるなどという事は普通はありえないが、社用の端末を無くすというのはそれに等しい行為だ。mdmの導入によるリスク管理は今後さらに重要性を増す事になるだろう。教育現場ではあくまでも「教材」の一部であるが、ビジネス環境では「財産」の一部である。その扱いについては正しく認識させる教育も必要である。mdm

Posted in 未分類 | Leave a comment

リモートワークにはmdm

みなさまこんにちは。今回はmdmがりもーとわーくに最適だという話をしていきます。さて、皆さんは会社でデスクワークしますか?それともカフェでやりますか?私はmdmを利用しているユーザーが外にいることが多いなと感じます
だって、外で作業しても問題ないというか、それを奨励するためにツールでもありますからね。
外出先でサボっているという状態を未然に監視して防げるわけです。そうすると、外では下手なことできませんね。また、どんなブラウザを見ていたかかく人できる機能もあります。大人のサイトや業務に必要のないサイトを見るのが不安ですよね。そう言ったことも事前に確認できるわけです。要はmdmはりもーとわーくには最適だということです。また、管理者としてはチームごとにどのようなことを行なっているか確認できることも大きなメリットですね。
Mdmではチームごとに振り分けて管理することも可能なのです。様々な機能を使って企業のりもーとわーくの助けとなるのがmdmです。mdm

Posted in 未分類 | Leave a comment

Androidスマホって使いやすい?

みなさまこんにちは。Iphoneユーザーの管理人です。タイトル通りですが、androidって使いやすいですか?私はずっとiphoneなので使うのに、少し抵抗があります。それに、話を聞くと色々できる機能は多いけど、それがかえってめんどくさいという意見もありますよね。
例えば、mdmの話です。
Mdmでもiphoneよりもandroidの方が活用できる機能多いようです。その代わりにiphoneは導入する手間がandroidよりもかかりません。
機能に関しては色々な機能を使いたい会社はandroidでいいと思いますが、人の多い大企業はiphoneのがいいかもしれませんね。導入するスマホが多いと、mdmを利用するための導入コストが大きいのでそのコストが少ないiphoneを大きい会社にはオススメしたいです!
そんな私はandroidを提供されています。でもやっぱり使いこなすのには時間がかかりそうだなーと思います。
次に提供される機会があるなら中古でいいから、iphone4がいいなと思います!
実はあれがかっこいいので好きで欲しかったんですよね!
MDM modem

Posted in 未分類 | Leave a comment

もしかしたら・・

今以上、経費を増やしたくない。そのためエクセルで名刺の管理を行っている会社もまだまだたくさんあるようですね。

日本のビジネスマンはエクセルを使い慣れているし、関数もできる人が多い。そのため名刺の管理もエクセルで十分と思っているでしょう。しかし入力作業が大変ではありませんか?メールアドレスやフェイスブックなどSNSのID情報などなど。英数字は入力ミスに繋がるケースが多く、自分以外の人がミスしたことで、大切な情報を見逃してしまうことも。。またパソコンにトラブルが起きた場合ファイルが消えたりすることも。。

その点、クラウドを利用した名刺管理サービスはこのような事が無く、操作もスキャンするだけ。もしかしたらコストをかけてもサービスを利用する方が営業にメリットが出るかもしれませんよ~^^

KnowledgeSuite

Posted in 未分類 | Leave a comment

専門の人事を置くにしても・・

日本の会社がオリジナルで提供しているCRMは、初期費用も少ない、あるいは無料でランニングコストが1ユーザーいくら、といった触れ込みが多いようです。

ただ、このように謳っている会社であっても、蓋を開けてみると実際の初期費用が数百万円かかっている、という現実があるんです。これは一体どういう事かと言うと・・。初期費用と言うのはハードとなるものが要らないから無料、ということで、実際には人件費、サービス料、過去のノウハウからの資料提供などのお金がかかるそうなんです。新しく機器は設置しなくても、ツールの導入、ルールづくり、マニュアルの策定などCRMを導入する会社に沿った様々な支援にお金がかかるわけです。

ただし、この費用も無料にすることは可能です。専門の人事をすれば良いんですね。CRMの導入前からCRMほか営業支援ツールと言われるシステムの知識を有する人材が居れば、ツールの使用料金のみであとは無料となります。が・・よく考えてみると、その人材を外から呼んでくるか、それとも社内で育成するのか・・。どちらにしても、やはりお金はかかりそうですね^^

knowledgesuite.jp

Posted in 未分類 | Leave a comment

顧客からのクレームが

営業の引継ぎって難しいものですよね。担当者が病気になったり、退職してしまうと、それまでの営業情報が抜け落ちている、と言った状況に陥ることもあるとか。それは、営業マンがそれぞれに営業情報を持っているため、他のスタッフに何も情報が伝えられていないからなんですね。

ある会社を担当している営業マンが退職。そのため、新人の営業マンを配属したところ情報が何も残っていなかったためにその会社からクレームが来たそうです。「何でうちの情報を何も持たないまま来たのか?」取引先としては、それまでの取引の上に今後の取引が積み重ねられていくので、担当者が変わろうとも取引履歴はしっかりと頭に入っているだろう、と思ってしまいますよね。

CRMの活用によって、このようなクレームも回避できるんです。毎回の商談の履歴をきちんと入力。情報は営業内で透明化され、顧客情報をもとに上司が分析する、というサイクルを組めば誰もが顧客情報を共有できる仕組みが作れるんですね。

それに、入力した結果に対して上司がコメントすれば、営業マンのモチベーションも上がると言われています。

Posted in 未分類 | Leave a comment

ただ分析するのではだめ・・

CRMを活用すれば、今、顧客が求めているものは何か、どんんなタイミングでお得情報を知らせると効果的なのか、ということなど、モノ売る会社が一番知りたいことを教えてくれるようになります。

そう思って多くの会社はCRMを導入するわけですが、これが決して簡単にいくものでは無いようなんですね。ほとんどが、CRMを導入しただけで一番知りたいことをシステムが教えてくれるようになる、と思ってしまっているんです。

多くの情報があれば分析も可能ですし、顧客の満足度も上げるようなメールも送れるかもしれません。しかしそれは一度、二度で終わってしまう関係性なんですね。CRMの本質は長期的に顧客と友好な関係を作り上げていくことなんです。

そのためには、顧客の心の内を理解しようとすること、これが最も肝心な要素となります。CRMをより強化できるのも、顧客の心をしっかりと捉えること、これをどれだけ実践できているかにかかっているようです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

コストや機能よりも・・

SFAを使うと言うと、営業マンたちは自分たちの行動を管理されてしまうのでは?という不安を持ってしまう場合があるそうです。

SFAには様々な機能がありますよね。営業日報や案件管理など。日々の営業プロセスをスマホやタブレットを使って入力すると、リアルタイムで上司や仲間もそれを確認することが可能となります。

営業マンにとっては、営業の記録となり、上司にとっては営業マンの帰社を待たずして日報を確認でき、グループ内の仲間は他の営業マンの営業手法などを参考にすることができる。ところが共有化、透明化ができるということは、違った目で見れば営業マンの一日の行動が丸裸にされてしまう、ということ。さらには、自分の営業手法も他の営業マンに見せてしまうということ。つまり、案件管理ではなくて行動管理をされている感覚に陥ってしまうんですね。

そんな営業マンたちには、それ以上のメリットがあるということを営業マンに納得してもらう。ここから始めることが、コストの問題や機能の選択より重要なのかもしれません。

Posted in 未分類 | Leave a comment