差別化が難しいmdm

Mdmを提供する会社は日本国内だけでもたくさんあり、世界的にみるとさらに多くの会社がmdm製品を提供しています。Mdmと一言でいってもその機能は製品によって異なり、多くの種類があります。ただ基本的なリモートロックやリモートワイプと呼ばれるスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスの制御機能は基本的な機能になっており、ほぼ全てのmdm製品で備えられている機能と言えます。またスマートデバイス端末の数量管理など資産管理を行うのも基本的な機能であり、こちらもほぼ全てのmdm製品に備えられています。
また大半のmdm製品ではiOSとandroidどちらにも対応できるようになっています。どちらか一方にしか対応できないとなると、管理側からすると非常に面倒になるので、マルチデバイスに対応したmdmがやはり人気を集めています。iOSとandroidを一画面で一元管理できるダッシュボード機能を備えているmdmもあるのです。
Mdmは差別化が難しいソリューションと言われています。mdm 比較

Posted in 未分類 | Leave a comment

情報漏えい対策に優れたmdm

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスは、会社の外にも持ち出して仕事をすることができるので、ビジネス業務の効率アップにつながります。しかし持ち出すことができるというメリットが逆にデメリットにもなりうるのです。つまりスマートフォンやタブレットを常に持ち運んでいるので、盗難や紛失のリスクが非常に高いのです。スマートデバイス端末の中には、企業にとって外部に知られてはいけない機密情報であったり、個人情報が含まれていたりします。もしもスマートデバイスを紛失したり、盗難されたりするとそのスマートデバイス端末を拾った人や、盗んだ第3者が、スマートデバイス端末内にある情報を盗み出してしまう危険性があるのです。それらのトラブルを未然に防ぐことができるのがmdmなのです。mdmツールによってスマートデバイス端末を一元管理しておけば、情報漏えいリスクを未然に防ぐことにもつながります。mdmには情報漏えいを防ぐ基本的な機能がたくさんついています。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/%E7%AB%AF%E6%9C%AB%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%97%E3%80%81%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF/

Posted in 未分類 | Leave a comment

mdmのセキュリティ設定、監視設定

mdmツールによって企業で利用しているパソコンやスマートフォン、タブレットなどのスマートデバイス端末を一元管理することができます。mdmツールには様々な機能が備わっていますが、スマートデバイス端末のセキュリティ設定、監視設定は重要な機能の1つです。例えばゾーニングアクション、制限設定などは重要な機能になります。ゾーニングアクションとは指定したWi-Fiエリアへの侵入、退出を自動で検出して、その条件に応じたアクションを実行することができます。また検出から実行までの処理は、スマートデバイス内のアプリで完結する仕様になっているので、スマートデバイス端末がインターネットに接続されていないオフライン状態であっても実行が可能です。例えば、禁止エリアへの侵入、持ち出し禁止デバイスが持ち出された時、学校と家庭でデバイスに適用する設定を変えたい時などに利用します。
制限設定はカメラやBluetoothなどのデバイスの一部機能を無効化するmdmの機能です。さらにアプリストアやブラウザアプリのプリインストールアプリの利用の制限も可能です。Mobile Device Managementとは

Posted in 未分類 | Leave a comment

mdmの欠かせない機能

スマートフォンやタブレットなどスマートデバイス端末を企業内で導入する場合、すべてが同じ機種とは限りませんし、様々なプラットフォームのスマートデバイス端末が混在していることもあります。そのような状況下でも一元管理できるmdmツールが重要になってきます。
iOS、android、Windows、Kindle Fireなどを統合管理できるmdmは、会社のどの部門の誰が、どのデバイスを利用しているのかを一元的に管理することができます。またデバイスの管理としてアプリケーションの購入、カメラ、Wi-Fi、SDカードなどデバイスの通常機能の制限も可能です。その他、パスワードの桁数、英字、数字、複合文字を使用しなければならないなど、パスワード設定ルールを強制することもできます。
基本的なデバイス管理の他、mdmではセキュリティ対策も充実しています。紛失・盗難の際の、遠隔からのモバイルデバイスの初期化・起動ロックを実施し、情報漏えいを防止し、ホワイトリスト・ブラックリスト形式で利用可能なアプリケーションの設定も可能です。mdmに関してはこちら

Posted in 未分類 | Leave a comment

mdmの基本的な機能とは?

Mdm機能として忘れてはいけないのが、スマートデバイスの紛失、盗難対策です。万が一スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを紛失してしまった時に、遠隔でスマートデバイスのデータを初期化、ロックすることができる機能がmdmにはあります。この機能をリモートワイプ、リモートロックと呼び、機能の一部としてmdm製品に搭載されています。
この他にも位置情報の取得も可能で、mdmツールがスマートデバイスの紛失・盗難対策に非常に有効であることが分かります。
例えば会社のスマートフォンを外出先で紛失してしまった時にはOTAでワイプ(初期化)設定し、ロックを実施することで、外部への情報漏えいを未然に防ぐことができるのです。
外部による企業機密や個人情報の漏えい問題は企業としての進退にも影響してくるので絶対に防がなくてはいけません。スマートデバイスを導入するにあたって紛失、盗難のリスクを最小限いとどめるためにmdmは欠かせないでしょう。
盗難時にはリモートロック・ワイプのMDMの基本機能

Posted in 未分類 | Leave a comment

MDM導入でセキュリティ関連コストがアップしてしまう?!

MDMを導入するとモバイルデバイス端末の一括管理ができるのでメリットばかりと感じてしまいますが、MDMを導入するにあたってデメリットもあることを覚えておくべきでしょう。MDMのデメリットとしては情報セキュリティ関連のコスト負担が大きくなるという点があります。MDMシステムには様々なセキュリティ機能が搭載されており、その代表例がリモートワイプになります。
リモートワイプとはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が紛失、盗難された場合に遠隔操作によって端末上にあるデータを消去することができる機能に。つまり紛失、盗難されたモバイルデバイス端末からの情報漏えいを未然に防ぐことができるのです。
このリモートワイプの機能はモバイルデバイス端末がネットワークに接続できる状態でなければ機能しないため、電波が届かない場合などは遠隔操作による消去はでいないのです。そのため企業によって別途セキュリティツールを導入して、セキュリティ面を強化する場合もあり、それによってコストが増えてしまう場合があるのです。
mdm導入のための機能

Posted in 未分類 | Leave a comment

塾でも利用されるmdm

公立小学校や公立中学校でもiPadなどタブレット端末を導入した授業が進んでいる中、学習塾や進学塾でも学校と同じようにタブレット端末などのモバイルデバイスを利用した授業を進めています。
タブレット端末などのモバイルデバイスを用いた自主学習ができるサービスを開始している学習塾、進学塾は多く、生徒が教室内に自主学習を行うための貸出端末としてもiPadを導入しているところもあるのです。
学習塾や進学塾の中には全国に何店舗も拠点のある塾も多いです。そこでmdmを利用することによって塾の生徒が利用しているモバイルデバイスを円滑に一括管理することができるのです。
利用状況を配布したり、設定をおこなったりするのに管理者だけで行うのは限度があり、mdmの導入を行っている塾は非常に多いでしょう。
また生徒によってiPadを不正利用する者もいるため、不正防止を強化するためにも強固なセキュリティ設定が必要であり、mdm選定が必要になるという背景があります。

Posted in 未分類 | Leave a comment

既存のシステム

オフィスでPCを活用しているような会社であれば、必然的にPC用のセキュリティー対策は万全である事だろう。業務用の端末導入に際しては、そのような既に整っているITインフラとの互換性も非常に重要なポイントとなる。元より日本国内でMDMサービスを提供する会社の多くは資産管理としてPC周りを扱っていた会社である事も多く、後から有名な携帯キャリアの会社が自社でサービスを展開する流れとなった。「端末の業務利用」となると購入の段階でキャリア側からMDMサービスへの加入も進められるだろう。マルチOS対応も当たり前のご時世なのだが、可能であればPCとモバイルの双方を同じ管轄のシステムで共有出来た方がトラブルも少なく、これまでPCの管理をしていた人間のスキルをそのまま端末管理にも活かすことができる。大手のセキュリティーサービスを現在利用中なら、そこをそのまま利用するのが正解だが、サービス内容と端末の使用用途が噛み合わない事もあるだろう。MDMを別途用意するか、PC管理も内包したMDMサービスに乗り換えるか?端末の導入は業務の拡張のように見えて、実のところは土台から作り直すリフォームにも近い大工事だ。

Posted in 未分類 | Leave a comment

導入は用途に応じて

車を一台買うとする。選択肢は無数に存在し、そのどれもが実に魅力的で一台に絞るのは大変悩ましい問題ではあるが、「用途」が絞られれば必然的に選択肢も狭くなってくる。家族が増えたので大きな車が欲しいと言うのであれば小さな車は選択肢から外れるし、走ればいいというニーズであれば新車が選択肢から外れる。社用のスマホ導入やパソコンの購入においてもこれは同じで、用途を明確にする事で必要な端末の機種、台数、それに適応したMDMサービスも自然と絞られてくる。通話できればいいというのであればスマホ自体が選択肢から外れる事だろう。何事もそうであるが、買う商品、契約内容の詳細は時間をかけてしっかりと把握すべきである。特に近年ではワンクリックで何でも買えてしまうご時世でもあり、詳しく調べず写真だけで判断し気軽に「ポチって」しまい、重要な項目を見落としているというケースも少なくない。何ができる物なのかをしっかりと知り、何がしたいのかを明確にする。これは「公私」を問わず「買い物」の鉄則である。mdmの教育現場の用途

Posted in 未分類 | Leave a comment

モバイルデバイスの導入から廃棄までサポートできるmdm

mdmとはMobile Dievice Managementの略であり、企業内でスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを管理するサービスの総称をいいます。利用中のモバイルデバイス端末を管理することでビジネス運用におけるたくさんの不便やセキュリティリスクなどを解消するためには欠かせない必須のソリューションと言えるでしょう。
Mdmは、モバイルデバイスの導入から廃棄まで一貫したトータルサポートが可能になっています。設定にかかる時間が非常に多く、特に台数がたくさんある場合は管理者だけでの設定は不可能です。Mdmを利用することで設定にかかる時間を大幅に短縮することができ、それによってビジネスの効率も格段にアップするでしょう。また管理者の作業の軽減にもつながります。
キッティング時にモバイル端末へmdm対策を行った状態で提供することも可能であり、運用代行もできます。またモバイルデバイス端末の確実な廃棄、次に利用する端末への環境移行などもmdmで行うことができるのです。
現在のmdmのまとめ

Posted in 未分類 | Leave a comment