VPPは便利なサービス

VPPはApple社が提供するサービスの1つであり、AppStoreのアプリケーションを一括で購入して、ユーザーのモバイルデバイス端末に配布することで、企業や学校などの教育機関のユーザーが業務上、授業で利用するアプリケーションを簡単に利用することができるのです。
VPPで購入してユーザーへと配布されたアプリケーションは、ユーザーが退職したり、卒業したり、進級したりして使わなくなった、必要なくなったとなった場合には、所有者を簡単に移し替えることもできる非常に便利な差pビスです。
VPPを利用すれば、一度ユーザーに配布した有料のアプリケーションなどをもう1度再購入する必要もなく、初期作業やキッティング作業などの無駄な費用や作業を軽減することができるため、効率よくモバイルデバイス端末を業務で利用することができるでしょう。
VPPとMDMを用いて、モバイルデバイス端末の効率的な管理を行いたいですね。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>