企業のbyod事例のデメリットとは?

byodでは業務で使用するモバイルデバイス端末とプライベートで使用するモバイルデバイス端末が同じ端末になります。そのため、プライベートで使用している時にインストールしたアプリの影響で、業務に関する情報や個人情報、機密情報などが外部に漏えいしてしまう危険性もあります。
そのためbyodを導入事例の企業によっては、byodで使用するモバイルデバイス端末には特定のアプリケーションのインストールを禁止すると設定したり、特定のサイトへのアクセス制限を行ったりすることも考えられます。
しかしプライベートでそれらの制限をしてしまうと、元々は個人が所有するモバイルデバイス端末になるので、どこまでの制限が法的に許されるかという点は慎重に検討しなければならないでしょう。
会社にとってbyod導入は、メリットが大きい反面、セキュリティ面のリスクは非常に大きくなるので、その点の対策はbyodを導入する前にしっかりと検討しておく必要はあるでしょう。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>