スマートデバイスのリモートワイプサービスとは?

スマートフォンやタブレットは携帯性に優れているので、外出先にも持ち運ぶのが一般的です。そのためどうしても紛失、盗難のリスクは高くなってしまいます。
タブレットやスマートフォン、ノートパソコンなどのモバイルデバイス端末をなくした!!と気づいた時には、モバイルデバイス端末内の情報が流出してしまっている可能性が高いです。
企業や教育現場でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合には、モバイルデバイス端末をなくした際の情報流出の危険性を考えておく必要があり、徹底したセキュリティ管理を強化する必要があるでしょう。
そこで便利になる機能がリモートワイプです。リモートワイプは、mdm(モバイルデバイス端末管理ツール)の中の機能の1つになります。スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなど持ち運び型の情報端末に記載されているデータを遠隔地からでも通信回線を通して、指示を出して情報を消去できる機能のことをいいます。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>