mdm市場から分かるモバイルデバイス端末の今後

mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、mdm市場は日本国内、世界ともに拡大の一途をたどっています。
mdmは顧客マスターや製品マスターなど分散したマスターデータを統合させて集約し、マスタ‐データの正確性と一貫性を確保する手法になります。
mdmを実現する製品には、データの同期、転送機能、名寄せ、クレンジングなどの機能が備わっています。mdm製品によって管理できる機能は異なります。
それぞれの企業や組織によってmdmに求めるものは異なりますので、それぞのmdm製品を比較して、どの機能を利用したいか?利用料はどれくらいか?利用しやすいのか?などを比較して導入する製品を検討する必要があるでしょう。
mdm市場が拡大すれば、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の市場も比例して拡大していくことでしょう。国内で利用できるmdmは国内製のものもあれば、海外製のものもあります。マルチデバイスや機種に対応しているものが多いので、違うデバイスの一元管理も可能です。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>