byodを円滑に管理するためのmdmソリューション

byodであっても、会社支給であっても企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際には、それらの大量のモバイルデバイス端末を管理するために、一括した設定が可能になるmdmソリューションの導入が必要になります。
byodと会社配布はそれぞれに良い点、悪い点があり、一概にどちらがよいとは言いにくいです。どの点を重視して、モバイルデバイス端末を導入するのか?というのを明確にして選ぶ必要があるでしょう。
先端テクノロジーの導入という観点からいくと、byodでは比較的短期間に新しいモバイルデバイス、テクノロジーを利用できるでしょう。
一方会社配布のモバイルデバイス端末に関しては、全社的に取り組む必要があるため、採用が先伸ばしにされやすいです。デバイス端末のリプレーステクノロジーの採用などが延期してしまうと、非常に問題となります。
ユーザー視点と企業視点で考えた時に、byodと会社支給ではメリットが異なります。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>