byodの課題とは?

byodは個人所有のスマートフォンやタブレット端末を企業の業務で利用することを言います。byod導入事例は年々増えており、コストカット、業務効率アップにつながるbyodは企業にとっては非常に魅力的です。
ただbyodにはいくつかの課題もあります。まずセキュリティ対策にかかる管理コストは、通常の会社支給のモバイルデバイス端末を管理する時に比べても費用アップにつながることがあります。
このセキュリティ対策をしっかりと行っておかなければ、円滑にモバイルデバイス端末の管理を行うことはできません。
また社愛へマルウェアが進入する危険性も、byodを導入することで起こります。その他、業務システムとの連携を行うためのコストゾウや労働時間の長期化などもbyodによって起こる課題になるのでこの点はしっかりと対策を掲げて行く必要があるでしょう。会社によっては私物のモバイルデバイス端末による業務への使用を禁止しているところもありますが、しっかりと管理が出来ている状態であれば問題はありません。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>