学校でのmdm機能

学校でタブレットの導入が進められている現在、注目されているのがmdmです。mdmはタブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末の管理を行う管理ツールであり、タブレットを安全に効率よく使うためには欠かせないソリューションと言われています。Mdmとタブレットを同時に導入するケースも多いです。
mdmではパソコンに近い機能を持っているスマートフォンやタブレットなどを、情報セキュリティの観点から管理、運用するソフトウェアです。
企業での利用が中心でしたが、端末情報のバックアップ、紛失時の不正利用対策、アプリの顧客情報配布、更新などの機能が企業でよく使われてきました。
教育現場においても生徒たちが不正使用しないように利用制限を設定したり、授業で使用するアプリを一斉配信したりする機能があります。煩雑なタブレット管理を教師だけで担当するのは無理があります。教師の負担を軽減するという意味でもmdmは重要な位置付けになるでしょう。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>