mdm導入における3つのプラットフォーム

mdmはモバイルデバイス管理ツールのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の一元的な管理を支援しているソリューションになります。
企業や教育機関のモバイルデバイス導入が進む現在、導入したモバイルデバイス端末の管理にはモバイルデバイス管理ツール=mdmを導入する企業が増えています。
mdmといえばiPadなどタブレット端末やスマートフォンなどのモバイルデバイス端末を管理するシステムのことであり、mdmで管理できることはデバイスの種類やOSのプラットフォームごとに異なります。モバイルデバイスは大きく分けると、appleのiOS、GoogleのandroidOS、MicrosoftのWindowsOSの3つのプラットフォームが採用されています。
appleのiOSが搭載されているiPhoneやiPad、iPodtouchなどでは同じiOSバージョンの場合は、基本的には同じ管理機能を利用することが可能です。
一方Googleのandroidが搭載されているデバイスは端末メーカーが本体を開発しているので、メーカーごとに同じOSでも仕様はことなります。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>