byodとmdmソリューションの関係性

個人所有のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の持ち込みをbyodと言います。職場がbyod環境であれば、モバイルデバイス端末を置いていくのではなく、持ち運ぶことが可能になります。
byodを導入することで従業員に働く場所や時間における柔軟性を提供することができるため、働き方の選択肢が拡大されるでしょう。
また私物のモバイルデバイス端末を導入することで企業の支出を削減して、作業の遅れを解消、さらに運用コストを低減できるため運用の合理化がはかれます。
byodを導入する上で注意しておきたいのがセキュリティ対策になります。従業員がマルウェアを導入したり、機密データを紛失したりした時のための対策としてmdmソリューションによる一元管理は重要になってくるでしょう。スタッフがさらに多くの仕事を効率よく行えるためにはbyodやmdmソリューションの企業のおける導入は重要と考えられています。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>