byodが抱える課題

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入、活用が進む中で、byodはIT部門にとって課題となっています。
近年、モバイルデバイス端末を持っていない人はほとんどいないでしょう。
モバイルデバイス端末は私生活だけではなく、ビジネスにいて大きな生産性を及ぼしています。社員のモバイルデバイス端末の利用を受け入れること、推奨することは利便性を高めるという上で理想的です。しかしその一方セキュリティ対策などの課題が生まれてきます。
byodは個人のモバイルデバイス端末をビジネスに利用することであり、セキュリティ面において非常に管理が大変であるという課題があります。
byodは個人のスマホやタブレットを使うことで2台持ちをせずにすみ、効率的に業務にモバイルデバイス端末を活用できるという大きな利点があります。
しかしbyodで利用することによってモバイルデバイス端末が重くなったり、使いにくくなったりするような問題も生じてきます。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>