プラットフォームOSの違いによるmdmの機能

appleのiOSのプラットフォームが搭載されているモバイルデバイス端末と言えば、iPad、iPhone、iPadtouchなどが主流となっています。
これらのiOSでは同じバージョンのiOSの場合は、基本的には同じ管理機能ツール=mdmを利用することが可能です。
一方、Googleが開発したandroidOSの場合はどうでしょうか?Googleのandroidが搭載されているモバイルデバイスは端末メーカーが本体を開発していて、メーカーごとに同じOSであっても仕様が異なっている場合が多いで。そのためandroidOSがサポートしているmdmの管理機能だけではなく、モバイルデバイス端末メーカーが独自の管理機能としても用意しています。
MicrosoftのWindowsOSでは、Windows8以前のものは管理できる機能が限られていましたが、Windows10以降のバージョンのものであれば、管理機能は増えています。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>