リモートワイプによるセキュリティ対策

mdmによって一元管理されている企業のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は、mdmの機能の1つであるリモートワイプによってセキュリティ対策を行っています。
スマートフォンやタブレットは携帯性に優れている点から、業務効率のアップにつながり、今や業務においても欠かせない存在となっています。
しかし携帯性に優れているという点はメリットでもあり、紛失の危険性を高めるという点ではデメリットになってしまいます。
そこで企業で配布されたモバイルデバイス端末はmdmツールによって一元管理されて、リモートワイプなどのセキュリティ対策を行う必要があるのです。
もしもモバイルデバイス端末を紛失してしまうと、第三者に情報が漏えいしてしまう危険性があります。
この情報漏えいリスクを回避するためにリモートワイプ機能を用います。
リモートワイプをすることでモバイルデバイス端末を初期化し、デバイス内の個人情報や機密情報を全て消去してしまいます。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>