VPP mdmのメリットとは?

VPPは法人・教育機関向けのアプリ配信プログラムのことです。
企業や学校などの教育機関がモバイルデバイス端末でのアプリケーション購入、配布するためのappleが提供するビジネス向けのプログラムになります。
VPPやmdmツールによってモバイルデバイス端末の設定や管理はより効率的に行うことができます。
VPPによって、業務上で必要なアプリケーションを利用する機会が増えた企業においても、アプリの導入をより効率化することができるようになっています。
VPPではAppstoreのアプリを一括で購入して、ユーザーのモバイルデバイス端末に配布することで、企業が学校のユーザーが業務上で利用するアプリケーションを簡単に利用することがでいます。
VPPで購入してユーザーへ配布したアプリは、ユーザーが必要としなくなった場合には、所有権を回収して、別のユーザーが再利用できるように設定すれば、そのアプリケーションの所有者を簡単に変えることもできます。
つまりVPPを利用することで、ユーザーに配布した有料アプリを再購入する必要がないので、むだな費用や作業を無くすことができるのです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>