Apple DEPで管理効率をアップさせる

Apple DEPはapple社が提供するDEPになります。DEPとはDevice Enrollment Programの略であり、apple者が企業向けに提供しているiOS端末導入支援のサービスになります。Apple DEP利用以前の企業管理者の作業は、購入した iOS端末を開封し、個々の端末をMacに接続して利用登録をするアクティベーションを行います。さらに個々の端末にmdmアプリのインストール、セキュリティ設定を行い、ようやく管理状態になったスマートデバイス端末を利用者に配布するという流れになります。この作業を端末台数分繰り返さなければいけないので、管理者には大きな負担になります。一方Apple DEP利用の企業管理者の作業としては、購入したiOS端末のシリアル番号などをあらかじめDEPサービスに登録し、購入したiOS端末を何も設定せずに従業員に配布します。するとApple DEP利用によって自動処理されるので管理が大幅に楽になり、管理者の管理効率が極めてよくなるのです。
Apple DEPを利用すれば、3ステップでApple DEPの設定が完了します。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/apple-dep対応mdmについて/

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>