mdmのセキュリティ設定、監視設定

mdmツールによって企業で利用しているパソコンやスマートフォン、タブレットなどのスマートデバイス端末を一元管理することができます。mdmツールには様々な機能が備わっていますが、スマートデバイス端末のセキュリティ設定、監視設定は重要な機能の1つです。例えばゾーニングアクション、制限設定などは重要な機能になります。ゾーニングアクションとは指定したWi-Fiエリアへの侵入、退出を自動で検出して、その条件に応じたアクションを実行することができます。また検出から実行までの処理は、スマートデバイス内のアプリで完結する仕様になっているので、スマートデバイス端末がインターネットに接続されていないオフライン状態であっても実行が可能です。例えば、禁止エリアへの侵入、持ち出し禁止デバイスが持ち出された時、学校と家庭でデバイスに適用する設定を変えたい時などに利用します。
制限設定はカメラやBluetoothなどのデバイスの一部機能を無効化するmdmの機能です。さらにアプリストアやブラウザアプリのプリインストールアプリの利用の制限も可能です。Mobile Device Managementとは

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>