塾でも利用されるmdm

公立小学校や公立中学校でもiPadなどタブレット端末を導入した授業が進んでいる中、学習塾や進学塾でも学校と同じようにタブレット端末などのモバイルデバイスを利用した授業を進めています。
タブレット端末などのモバイルデバイスを用いた自主学習ができるサービスを開始している学習塾、進学塾は多く、生徒が教室内に自主学習を行うための貸出端末としてもiPadを導入しているところもあるのです。
学習塾や進学塾の中には全国に何店舗も拠点のある塾も多いです。そこでmdmを利用することによって塾の生徒が利用しているモバイルデバイスを円滑に一括管理することができるのです。
利用状況を配布したり、設定をおこなったりするのに管理者だけで行うのは限度があり、mdmの導入を行っている塾は非常に多いでしょう。
また生徒によってiPadを不正利用する者もいるため、不正防止を強化するためにも強固なセキュリティ設定が必要であり、mdm選定が必要になるという背景があります。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>