導入は用途に応じて

車を一台買うとする。選択肢は無数に存在し、そのどれもが実に魅力的で一台に絞るのは大変悩ましい問題ではあるが、「用途」が絞られれば必然的に選択肢も狭くなってくる。家族が増えたので大きな車が欲しいと言うのであれば小さな車は選択肢から外れるし、走ればいいというニーズであれば新車が選択肢から外れる。社用のスマホ導入やパソコンの購入においてもこれは同じで、用途を明確にする事で必要な端末の機種、台数、それに適応したMDMサービスも自然と絞られてくる。通話できればいいというのであればスマホ自体が選択肢から外れる事だろう。何事もそうであるが、買う商品、契約内容の詳細は時間をかけてしっかりと把握すべきである。特に近年ではワンクリックで何でも買えてしまうご時世でもあり、詳しく調べず写真だけで判断し気軽に「ポチって」しまい、重要な項目を見落としているというケースも少なくない。何ができる物なのかをしっかりと知り、何がしたいのかを明確にする。これは「公私」を問わず「買い物」の鉄則である。mdmの教育現場の用途

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>