2020年 1人1台環境

IT化の波が激しく押し寄せているのはビジネス環境だけではなく、政府は2020年までに全ての学校で全生徒に対しての端末配布を目標としている。これが実現すれば端末シェアの4割り以上は教育現場が占める程の大きな市場となると試算されている。様々な問題点も指摘されるが、今後の若者は例外なく端末は扱える、学校で配らなくとも当たり前のようにスマホの扱いには自然と長けているのは現状でも如実に感じられる部分と言えるだろう。教育現場にしろビジネス環境にしろ、「流れ」として端末の導入は避けられない所まで来ていると言える。そしてそういった組織内で使われる端末は組織内でキチンと管理運営されている必要がある。社用の端末を無くしましたとなれば、それはもう「自己責任」では無い。オフィスのテーブルが一つ街中に消えるなどという事は普通はありえないが、社用の端末を無くすというのはそれに等しい行為だ。mdmの導入によるリスク管理は今後さらに重要性を増す事になるだろう。教育現場ではあくまでも「教材」の一部であるが、ビジネス環境では「財産」の一部である。その扱いについては正しく認識させる教育も必要である。mdmとは

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>