顧客からのクレームが

営業の引継ぎって難しいものですよね。担当者が病気になったり、退職してしまうと、それまでの営業情報が抜け落ちている、と言った状況に陥ることもあるとか。それは、営業マンがそれぞれに営業情報を持っているため、他のスタッフに何も情報が伝えられていないからなんですね。

ある会社を担当している営業マンが退職。そのため、新人の営業マンを配属したところ情報が何も残っていなかったためにその会社からクレームが来たそうです。「何でうちの情報を何も持たないまま来たのか?」取引先としては、それまでの取引の上に今後の取引が積み重ねられていくので、担当者が変わろうとも取引履歴はしっかりと頭に入っているだろう、と思ってしまいますよね。

CRMの活用によって、このようなクレームも回避できるんです。毎回の商談の履歴をきちんと入力。情報は営業内で透明化され、顧客情報をもとに上司が分析する、というサイクルを組めば誰もが顧客情報を共有できる仕組みが作れるんですね。

それに、入力した結果に対して上司がコメントすれば、営業マンのモチベーションも上がると言われています。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>