ただ分析するのではだめ・・

CRMを活用すれば、今、顧客が求めているものは何か、どんんなタイミングでお得情報を知らせると効果的なのか、ということなど、モノ売る会社が一番知りたいことを教えてくれるようになります。

そう思って多くの会社はCRMを導入するわけですが、これが決して簡単にいくものでは無いようなんですね。ほとんどが、CRMを導入しただけで一番知りたいことをシステムが教えてくれるようになる、と思ってしまっているんです。

多くの情報があれば分析も可能ですし、顧客の満足度も上げるようなメールも送れるかもしれません。しかしそれは一度、二度で終わってしまう関係性なんですね。CRMの本質は長期的に顧客と友好な関係を作り上げていくことなんです。

そのためには、顧客の心の内を理解しようとすること、これが最も肝心な要素となります。CRMをより強化できるのも、顧客の心をしっかりと捉えること、これをどれだけ実践できているかにかかっているようです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>