共同作業のIT化

仕事で1つのプロジェクトを複数の人が共同で進めていくことは以前からありましたが、近年はITの進化によって、パソコンやスマートフォンなどを利用し複数の人がそれぞれの場所から同時に作業を進めることが可能になりましたね。グループウェアなどのアプリケーションを利用する方法やサーバー上に置かれたファイルを共有して作業を行う方法などがあります。特にグループウェアは共同作業のために特化した機能を備えており、そのプロジェクトがどこまで進んでいるのか最新状況を確認するだけで、メンバー全員がいつでも把握できるようになりました。これなら簡単に周知徹底が出来ますし、伝達漏れの防止にもなりますよね。またファイルの管理だけでなく、参加メンバーのスケジュール・進捗・タスクなども一元管理できるようになっています。更に本格的な共同作業をするのにオススメなのが、Dropboxなどのオンラインストレージサービスです。共有フォルダという機能があり、他のユーザーを招待して指定したフォルダにアクセスできるようにできますし、バッジ機能などで共同作業をスムーズに進めることができるのです。共同作業に適した定番ツールをマスターして、生産性の向上に役立てましょう。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>