SFAを導入してスピーディーなビジネスを実現

中国電力グループの情報通信事業を担っている株式会社エネルギア・コミュニケーションズは、中国情報システムサービスと中国通信ネットワーク株式会社が合併してできた会社です。合併に伴い、営業情報の共有化が課題として上がってこと、また紙ベースの営業報告書では限界があったこともあり、SFA(営業支援システム)を導入することになりました。商談情報・顧客のクレーム情報の共有を図れるSFAを導入して以降、ヌケ・モレが皆無になり、すべての業務がスピーディーにできるようになったそう。SFAなら見込み客の重複などというムダを省くことができる上に、リアルタイムな営業状況を把握できますよね。これは紙ベースの営業報告書では到底なし得ないことだと思います。またマーケティング部門でも、顧客の生の声をデータベース化できるようになったことで、より良い商品開発をしたり、さらなる顧客満足度の向上を図れるようになったそうです。こうして同社はSFAを活用することで、スピーディーなビジネスを社内全体で実現しています。詳しくはこちら

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>