iOSアプリをWindows 10アプリに変えられる機能『Windows Bridge』

ユニバーサルアプリ(UWPアプリ)とは、Microsoftのアプリストアから配信できるようにパッケージ化したWindows 10アプリのことです。このUWPアプリは、一元管理された場所からクラウドサービス経由でアプリを配備することができるから、企業のアプリ管理をより簡単にできます。そりゃ独自のアプリ管理システムを運用するよりも企業にとっては便利かつ簡単で良いですよね。そしてiOSアプリやウェブアプリ、従来型Windowsアプリなど様々なアプリをパッケージ化してWindows 10アプリに変えてしまうのが『Windows Bridge』という機能なのです。ただこの機能を使えば、例えばAppleのiOSアプリをWindowsで直接実行できるようになるというわけではありません。iOSアプリのソースコードがあれば、そのアプリをWindowsで実行できるように再コンパイルできるという機能なのです。ちなみにウェブアプリや従来型Windowsアプリは、またそれぞれやり方が違いますけどね。このように既存アプリをUWPアプリに変換する方法は、今後より充実していくでしょう。それに伴い、企業のアプリ管理の方法も変わっていくのではないでしょうか。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>