何のために顧客の行動を分析するの?

多くの企業では顧客の行動を分析し、そこから新しい利益を生み出す努力をしていますよね。でも、本当に顧客の行動を分析することで次の営業につながるのでしょうか?

企業が顧客のデータを集めるのは「知識を導き出し、自社の改善点や発生するビジネス機会を見つけ出し、自社の業績改善に役立てるためです。」とあるサイトのコラムで紹介されていました。難しい解説ですよね^^

多くの顧客となる人たちはいくつかのサイトを回って自分が欲しい商品を比較します。具体的には商品の特長、価格、送料、そしてサービスなどを比較してどのショップで購入するか決めます。そして、そのショップが気に入ればリピーターとしてまた購入を続けることになります。企業はこのリピーターの獲得を狙っていて、これが顧客の行動分析の賜物となるものなんですね。

だけど思うんですよね。結局は人が考えることですからね。ずっと同じショップで買い続ける人がいつのか。。人の心はきまぐれである、といことも分析の中の重要事項に入れておいておくと良いのでは?^^

http://liginc.co.jp/300730

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>