今さら聞けないSFAを導入する目的

近年、営業支援システム(SFA)を導入する企業が年々増加傾向にあります。名刺情報をデータベース化したり、営業活動や商談プロセスを見える化したり、受注が見込めそうな顧客を数字で評価したり…といった活用が行われているそう。例えば名刺情報を活用して受注が見込めそうな顧客を見付け出すことで、より精度の高いマーケティング活動が行えますよね。SFAというものは、直接的な利益アップにつながるシステムではありません。が、実は“縁の下の力持ち”のように売り上げや利益に貢献しているものなのです。そして利益を出しながら、従来よりも楽&便利にしてくれる…それがSFAの役割といってもいいでしょう。会社や個人宅などへ営業で外回りをしてオフィスに戻り、その結果を整理したり営業日報を書くなど全て手作業でやっていたらかなりの手間になります。帰ってきて疲れているのに、そのような作業をしなくてはならないとなると、更に気分が萎えてしまいますよね。それを楽&便利にするのがSFAなのです。SFAを導入したことで、1か月当たりおよそ30時間分の業務時間を短縮することができたという話も聞いたことがありますよ。SFAは利益アップを図りながら、働き方をより良くするためのツールであることを忘れないようにしましょう。営業 サボり

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>