BYODと相性の良いシステム

社内にてBYOD(Bring Your Own Device)を採用するのであれば、NTT東日本の企業向けコミュニケーションシステム『Smart Netcommunity αA1』とクラウドサービス『αUC』の導入をオススメします。スマートフォンを内線端末として利用できるSmart Netcommunity αA1は、スマートフォンをただの内線電話として使えるだけでなく、外線からの着信をそのまま受けることも可能なんですよ。このシステムをαUCと合わせて利用することにより、外出中や出先で何時でも何処でも内線通話ができるという。オフィスにかかってきた電話も、外出している従業員のスマートフォンにそのまま転送できるから、一旦切って折り返し電話をするという手間が省けるのです。これは、オフィス社員の業務軽減とCS向上の両方が叶いますよね。この他にもαUCは、位置情報やチャット機能なども利用できます。例えば何かアクシデントが起こった際、位置情報を使えば簡単に現場近くにいる社員に内線連絡することができるのです。Smart Netcommunity αA1とαUCの連携は、社内・社外という場所の制限がなくなります。これはBYODとの相性がとても良いと思います。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>