他のユーザーと共有することも可能

Microsoft社が発表した「PowerApps」。法人向けのスマートフォンを利用している会社では、導入の検討が進んでいるのではないでしょうか。Windows Phoneを法人向けスマホとして使っているところではなお更このツールは使えるかと。インターフェースがMicrosoft Officeのようなかたちで、「用意されているテンプレートやロジックフローを使ってWeb/iOS/Windowsアプリを開発できる」とも紹介されていました。また、Microsoftが提供しているOffice 365、Dynamics CRMなどのサービスのほかにDropboxやTwitterなどともつなぐことが可能なので、使い方をマスターすればアプリ開発に対する時間がかなり軽減できるかも?しれませんね。出来上がったアプリは社内クラウドに挙げることができるため、社内でも共有が可能。しかもMicrosoft Office文書のようにアップロードできるので、その方法もまた簡単で便利のようです。他のユーザーともすぐに共有ができるということは、アプリの問題点や改善点をすぐに確認もできるので、その点でも有効かと思われますね。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>