今後のスマートフォンへ対するウィルス性表面化

2010年を代表するトピックスと言えば、スマートフォンと言われ本格的な新時代の立ち上がりの年ではと考えられています。
アンドロイド端末のこれまで以上の普及において、ウィルスプログラムの存在が懸念されており専門家の多くはウィルスの被害が表面化するのは時間の問題だとしてきしております。

アンドロイド端末は「指で操作するもの」というイメージが強いですが、かつてはタッチパネルをペンで操作するのが一般的でした。スマホ端末の普及により、高性能なカメラ機能があり、デジカメの売り上げへの影響を及ぼすように変わりました。
常に便利になっているスマートフォンはメモとしての機能面でも、次代の進化と伴いスマートフォンのクラウドサービスの登場により非常充実機能が流行りになっています。

世界的に進化を遂げているアンドロイド端末。海外メディアでは「PaperPhone」と呼ばれる紙のようにとても軽い携帯電話が登場し、世界を驚かしております。
購入のトレンドから、利用者の間では画面の大きさやタッチパネルの反応の良さというニーズを満たしている機種が支持されております。今までの携帯電話ガラケーとは違い次世代携帯では、海外メーカーから調達が容易であると言われ大手キャリア各社の手腕がに注目が集まっています。

日本国内での市場調査によるとスマートフォンへ対するイメージでは、長所ですと液晶サイズが大きい、パソコンサイトが快適に見れるという結果です。以前に悪質なウィルスが発見されたと通信セキュリティー会社は報告したことがあった。これらは自動でメール送信したりウィルスをばら撒いたりという危険性がございました。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>