byodが抱える課題

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入、活用が進む中で、byodはIT部門にとって課題となっています。
近年、モバイルデバイス端末を持っていない人はほとんどいないでしょう。
モバイルデバイス端末は私生活だけではなく、ビジネスにいて大きな生産性を及ぼしています。社員のモバイルデバイス端末の利用を受け入れること、推奨することは利便性を高めるという上で理想的です。しかしその一方セキュリティ対策などの課題が生まれてきます。
byodは個人のモバイルデバイス端末をビジネスに利用することであり、セキュリティ面において非常に管理が大変であるという課題があります。
byodは個人のスマホやタブレットを使うことで2台持ちをせずにすみ、効率的に業務にモバイルデバイス端末を活用できるという大きな利点があります。
しかしbyodで利用することによってモバイルデバイス端末が重くなったり、使いにくくなったりするような問題も生じてきます。

Posted in 未分類 | Leave a comment

プラットフォームOSの違いによるmdmの機能

appleのiOSのプラットフォームが搭載されているモバイルデバイス端末と言えば、iPad、iPhone、iPadtouchなどが主流となっています。
これらのiOSでは同じバージョンのiOSの場合は、基本的には同じ管理機能ツール=mdmを利用することが可能です。
一方、Googleが開発したandroidOSの場合はどうでしょうか?Googleのandroidが搭載されているモバイルデバイスは端末メーカーが本体を開発していて、メーカーごとに同じOSであっても仕様が異なっている場合が多いで。そのためandroidOSがサポートしているmdmの管理機能だけではなく、モバイルデバイス端末メーカーが独自の管理機能としても用意しています。
MicrosoftのWindowsOSでは、Windows8以前のものは管理できる機能が限られていましたが、Windows10以降のバージョンのものであれば、管理機能は増えています。

Posted in 未分類 | Leave a comment

リモートワイプによるセキュリティ対策

mdmによって一元管理されている企業のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は、mdmの機能の1つであるリモートワイプによってセキュリティ対策を行っています。
スマートフォンやタブレットは携帯性に優れている点から、業務効率のアップにつながり、今や業務においても欠かせない存在となっています。
しかし携帯性に優れているという点はメリットでもあり、紛失の危険性を高めるという点ではデメリットになってしまいます。
そこで企業で配布されたモバイルデバイス端末はmdmツールによって一元管理されて、リモートワイプなどのセキュリティ対策を行う必要があるのです。
もしもモバイルデバイス端末を紛失してしまうと、第三者に情報が漏えいしてしまう危険性があります。
この情報漏えいリスクを回避するためにリモートワイプ機能を用います。
リモートワイプをすることでモバイルデバイス端末を初期化し、デバイス内の個人情報や機密情報を全て消去してしまいます。

Posted in 未分類 | Leave a comment

VPP mdmのメリットとは?

VPPは法人・教育機関向けのアプリ配信プログラムのことです。
企業や学校などの教育機関がモバイルデバイス端末でのアプリケーション購入、配布するためのappleが提供するビジネス向けのプログラムになります。
VPPやmdmツールによってモバイルデバイス端末の設定や管理はより効率的に行うことができます。
VPPによって、業務上で必要なアプリケーションを利用する機会が増えた企業においても、アプリの導入をより効率化することができるようになっています。
VPPではAppstoreのアプリを一括で購入して、ユーザーのモバイルデバイス端末に配布することで、企業が学校のユーザーが業務上で利用するアプリケーションを簡単に利用することがでいます。
VPPで購入してユーザーへ配布したアプリは、ユーザーが必要としなくなった場合には、所有権を回収して、別のユーザーが再利用できるように設定すれば、そのアプリケーションの所有者を簡単に変えることもできます。
つまりVPPを利用することで、ユーザーに配布した有料アプリを再購入する必要がないので、むだな費用や作業を無くすことができるのです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

android端末管理はmdmソリューションを利用しよう

androidやiOSなどマルチデバイスに対応したmdmツールが増えてきています。
androidなどのモバイルデバイス端末を企業や教育現場で導入する事例はふえており、android端末管理が重要な課題となっています。
androidなどのモバイルデバイスをうまく業務で活用していくためには、端末管理を円滑に行う必要があります。
企業で導入しているiPad、android、うぅんどうずタブレットなどの管理の大幅効率化にはmdmが欠かせませんが、このmdmを選ぶ時にはiOSやandroid、Windowsなどマルチデバイスに対応できるmdmソリューションにすることが大切です。
android端末管理でmdmを利用した場合、その時に利用する機能としては利用状況の把握、紛失時のリモートロック、紛失時のデータ消去、ワイプ操作などが比較的多いです。
その他、データの暗号化、社内開発アプリケーションの管理などにおいてもandroid端末管理は重要になります。

Posted in 未分類 | Leave a comment

モバイルデバイス端末導入における課題とは?

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は業務の効率化を高めるとして、多くの企業で導入されています。
今後モバイルデバイス端末を利用した業務はますます増えていくと言われています。
モバイルデバイス端末導入にはたくさんのメリット、利点があるものの、その反面課題やデメリットもあります。
例えば貸与しているモバイルデバイス端末の利用ポリシーが定められていない場合には、その管理が全て個人任せになってしまいます。
またモバイルデバイス端末を個人が所有しているので、端末の使用状況が分からないという点もあります。
その他脆弱性のあるアプリケーションが利用されている可能性もあり、セキュリティ面で問題となるケースもあるでしょう。
このようなモバイルデバイス端末導入の課題を解決してくれるのがmdmなのです。mdmはモバイルデバイス管理ツールであり、システム管理者が大量のモバイルデバイス端末を一元導入することができます。

Posted in 未分類 | Leave a comment

モバイルデバイス端末導入における課題とは?

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は業務の効率化を高めるとして、多くの企業で導入されています。
今後モバイルデバイス端末を利用した業務はますます増えていくと言われています。
モバイルデバイス端末導入にはたくさんのメリット、利点があるものの、その反面課題やデメリットもあります。
例えば貸与しているモバイルデバイス端末の利用ポリシーが定められていない場合には、その管理が全て個人任せになってしまいます。
またモバイルデバイス端末を個人が所有しているので、端末の使用状況が分からないという点もあります。
その他脆弱性のあるアプリケーションが利用されている可能性もあり、セキュリティ面で問題となるケースもあるでしょう。
このようなモバイルデバイス端末導入の課題を解決してくれるのがmdmなのです。mdmはモバイルデバイス管理ツールであり、システム管理者が大量のモバイルデバイス端末を一元導入することができます。Mobile Device Managementとは

Posted in 未分類 | Leave a comment

国内市場NO1のmdmとは?

企業のスマートフォンやタブレット導入はここ数年で急激に普及してきています。
モバイルデバイス端末の導入に伴い、同時に管理ツールシステムであるmdmを導入する企業がほとんどですので、必然的にmdmの普及も広まっています。
mdmの需要が伸びるということは、mdm市場全体が大きくなるということです。
日本にはいくつものmdmサービスがあります。
国内メーカーが提供するものだけではなく、海外メーカーが提供するmdmがあるのも特徴です。
その中でも日本国内のmdm市場において7連連続のシェア№1に輝いているのが、CLOMOのmdmになります。
CLOMOは日本国内のmdm市場のシェアの中で、2011年から連続7回もトップになっています。
現在では大手企業はもちろんのこと、大学病院や大規模運用ユーザーなどを中心に、たくさんの企業や教育機関、医療機関において採用されているmdmソリューションになります。
iOSだけではなく、androidやWindowsなどのマルチデバイスにも対応しているので国内最速の対応が可能となっています。参照URL

Posted in 未分類 | Leave a comment

Apple DEPで管理効率をアップさせる

Apple DEPはapple社が提供するDEPになります。DEPとはDevice Enrollment Programの略であり、apple者が企業向けに提供しているiOS端末導入支援のサービスになります。Apple DEP利用以前の企業管理者の作業は、購入した iOS端末を開封し、個々の端末をMacに接続して利用登録をするアクティベーションを行います。さらに個々の端末にmdmアプリのインストール、セキュリティ設定を行い、ようやく管理状態になったスマートデバイス端末を利用者に配布するという流れになります。この作業を端末台数分繰り返さなければいけないので、管理者には大きな負担になります。一方Apple DEP利用の企業管理者の作業としては、購入したiOS端末のシリアル番号などをあらかじめDEPサービスに登録し、購入したiOS端末を何も設定せずに従業員に配布します。するとApple DEP利用によって自動処理されるので管理が大幅に楽になり、管理者の管理効率が極めてよくなるのです。
Apple DEPを利用すれば、3ステップでApple DEPの設定が完了します。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/apple-dep対応mdmについて/

Posted in 未分類 | Leave a comment

mdmによるVPN設定の効率化

VPN設定とはよりセキュリティを高く、ネットワークを確保するための設定機能になります。企業でスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入している場合、対象アプリのVPN設定は必須になります。VPN設定はセキュリティ強化には欠かせませんが、VPNを使いたい時と、使いたくない時の作業があった時には、VPN設定の切り替え作業が非常に手間となってしまいます。そこでmdmツールの中にはper app VPN設定などの機能がある製品もあります。この金曜ではVPN接続の必要なアプリケーションが起動したタイミングで自動的にVPNが有効化されます。その都度の設定する手間は省かれており、効率的な運用が可能となります。またスマートデバイス端末個々にアプリケーションの設定が必要な場合には、アプリの設定値を配布することでキッティングなどの効率化を実現することが可能です。1台1台の設定作業ではなく、まとめた台数での作業が可能になります。スマートデバイスの安全管理

Posted in 未分類 | Leave a comment