mdm導入事例から見えるmdm製品の違い

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は多くの人が日常的に使用しています。プライベートではもちろんですが、業務でもこれらのモバイルデバイス端末の活用は進んでおり、
企業や教育現場などでもモバイルデバイス端末の導入は増えてきていて、導入事例は多いです。
スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末を導入するにあたって必要となってくるのがmdmツールです。mdmツールはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、mdmを導入して大量のモバイルデバイス端末を一元管理してしまえば、安心して効率よく業務に活用できます。mdm導入事例をみると、企業や組織によって導入しているmdmツールは様々です。コストパフォーマンスで選ぶケースもあれば、機能重視の場合もあります。また操作性、管理のしやすさでmdmツールを選ぶ企業もいます。マルチプラットフォームに対応しており、充実の機能が搭載されたmdmが理想的でしょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

スマートフォンのセキュリティにはmdm搭載が必要

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のセキュリティ強化のためにmdmを導入する企業は多いです。
mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、mdmを導入してモバイルデバイス端末を一元管理すれば、効率よくスマートフォンやタブレットの管理ができ、管理者の負担を軽減できます。
mdmは製品によって機能が違うので、それぞれの製品を比較してから導入する必要があります。mdmを選ぶ上で重要になるポイントとしては、サービスの継続性、革新性です。製品のアップデートがあるかどうか?などはしっかりとチェックしておきたいポイントです。
mdmはデバイスありきの製品なので、デバイスの進化に追随しないで新しい機能が実装されて居なければ、最新のモバイルデバイス端末の効率性を最大限に生かすことができません。
周りの企業に取り残されないためにもmdm製品はサービスが継続するものを選ぶ必要があるでしょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

メリットの多いVPPとは?

Apple社が提供する法人・教育器官がアプリケーションの購入・配布のためのプログラムであるVPPは、企業や教育現場の管理者の負担を軽減してくれる魅力的なサービスになります。
VPPではApp Storeのアプリケーションを一括で購入して、ユーザーのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に配布することによって、企業や学校のユーザーが業務上で使用するアプリケーションを簡単に利用できるようにしたものです。
VPPで購入してユーザーへ配布されたアプリケーションは、ユーザーが退職したり必要なくなったりした時には、所有権をいったん管理者が回収をして、別のユーザーが再利用できるようにと設定することもでき、そのアプリケーションの所有者を簡単に移し替えることができるのです。
VPPをうまく利用すれば、一度ユーザーに配布した有料アプリに関しては、再購入する必要がなく、無駄な経費などの出費を抑えて、作業の軽減にもつながります。

Posted in 未分類 | Leave a comment

androidのマルウェア対策ソフトウェア管理

androidやiPhoneなどのスマートフォンは携帯性に優れており、パソコンと同じようにインターネットに接続する様々な情報を取得することができます。非常に便利なモバイルデバイス端末を業務で利用する企業も増えており、多くのモバイルデバイス端末ではmdmツールを用いて一括管理されている現状があります。mdmではマルウェア対策ソフトウェアの管理機能があります。
インターネットに接続して、マーケットからアプリケーションをダウンロードする端末は、不正ウイルスやマルウェア、不正アプリに汚染されるリスクがあるため、それらを防止するマルウェア対策ソフトウェア機能を端末ごとに導入します。マルウェア対策ソフトウェアの管理では、遠隔監視、バージョン管理・更新、遠隔ポリシ、設定・実行およびスキャン実行などの機能があります。遠隔監視ではソフトウェア状態やログの収集、ウィルスの情報取得とアップロードなどを行います。

Posted in 未分類 | Leave a comment

企業のbyod事例のデメリットとは?

byodでは業務で使用するモバイルデバイス端末とプライベートで使用するモバイルデバイス端末が同じ端末になります。そのため、プライベートで使用している時にインストールしたアプリの影響で、業務に関する情報や個人情報、機密情報などが外部に漏えいしてしまう危険性もあります。
そのためbyodを導入事例の企業によっては、byodで使用するモバイルデバイス端末には特定のアプリケーションのインストールを禁止すると設定したり、特定のサイトへのアクセス制限を行ったりすることも考えられます。
しかしプライベートでそれらの制限をしてしまうと、元々は個人が所有するモバイルデバイス端末になるので、どこまでの制限が法的に許されるかという点は慎重に検討しなければならないでしょう。
会社にとってbyod導入は、メリットが大きい反面、セキュリティ面のリスクは非常に大きくなるので、その点の対策はbyodを導入する前にしっかりと検討しておく必要はあるでしょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

スマートデバイスのリモートワイプサービスとは?

スマートフォンやタブレットは携帯性に優れているので、外出先にも持ち運ぶのが一般的です。そのためどうしても紛失、盗難のリスクは高くなってしまいます。
タブレットやスマートフォン、ノートパソコンなどのモバイルデバイス端末をなくした!!と気づいた時には、モバイルデバイス端末内の情報が流出してしまっている可能性が高いです。
企業や教育現場でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合には、モバイルデバイス端末をなくした際の情報流出の危険性を考えておく必要があり、徹底したセキュリティ管理を強化する必要があるでしょう。
そこで便利になる機能がリモートワイプです。リモートワイプは、mdm(モバイルデバイス端末管理ツール)の中の機能の1つになります。スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなど持ち運び型の情報端末に記載されているデータを遠隔地からでも通信回線を通して、指示を出して情報を消去できる機能のことをいいます。

Posted in 未分類 | Leave a comment

mdm市場から分かるモバイルデバイス端末の今後

mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、mdm市場は日本国内、世界ともに拡大の一途をたどっています。
mdmは顧客マスターや製品マスターなど分散したマスターデータを統合させて集約し、マスタ‐データの正確性と一貫性を確保する手法になります。
mdmを実現する製品には、データの同期、転送機能、名寄せ、クレンジングなどの機能が備わっています。mdm製品によって管理できる機能は異なります。
それぞれの企業や組織によってmdmに求めるものは異なりますので、それぞのmdm製品を比較して、どの機能を利用したいか?利用料はどれくらいか?利用しやすいのか?などを比較して導入する製品を検討する必要があるでしょう。
mdm市場が拡大すれば、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の市場も比例して拡大していくことでしょう。国内で利用できるmdmは国内製のものもあれば、海外製のものもあります。マルチデバイスや機種に対応しているものが多いので、違うデバイスの一元管理も可能です。

Posted in 未分類 | Leave a comment

mdmソリューションを導入すればセキュリティ機能は高まる

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は携帯性に優れているというメリットがありますが、それがデメリットにもなります。これらのモバイルデバイス端末は外出先で非常に無くしやすいです。紛失、盗難の危険性が非常に高いのです。
モバイルデバイス端末を導入している企業では、従業員の20人に1人がモバイルデバイス端末を紛失しているという現状もあります。
さらにモバイルデバイス端末を紛失してしまった利用者の中で、mdmソリューションの機能の1つである位置情報取得機能を利用して、紛失してしまった自分のモバイルデバイス端末の場所を表示した経験がある人が非常に多いのです。
このことからも、スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末を利用、導入する場合、mdmソリューションの利用は非常に重要になってきます。mdmソリューションの導入によって、紛失したモバイルデバイス端末も探しやすくなります。

Posted in 未分類 | Leave a comment

モバイル端末管理ツールのmdmから得られるメリット

mdmはモバイル端末管理ツールのことであり、会社や教育現場などで大量のモバイルデバイス端末を導入した場合、一括管理する必要があります。この際に使用できる管理ツールこそがmdmなのです。
mdmを導入することによって私達は様々なメリットを得られます。一番大きなメリットになるのが、情報漏えいの防止対策で。モバイルデバイス端末の紛失や盗難の際に、情報漏えいするのを未然に防ぐことが可能です。
また私的利用の防止として、会社支給のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務以外の用途に使用するのを防止します。さらにmdmではモバイルデバイス端末の一元管理も行います。
複数のモバイルデバイス端末を一括管理することが可能になるので、アプリの一斉インストールやセキュリティポリシーの一斉適用も可能になります。モバイルデバイス端末自体がどのような状況にあるのかを客観的に把握するために、mdmでは端末情報の収集も行われています。

Posted in 未分類 | Leave a comment

byodを円滑に管理するためのmdmソリューション

byodであっても、会社支給であっても企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際には、それらの大量のモバイルデバイス端末を管理するために、一括した設定が可能になるmdmソリューションの導入が必要になります。
byodと会社配布はそれぞれに良い点、悪い点があり、一概にどちらがよいとは言いにくいです。どの点を重視して、モバイルデバイス端末を導入するのか?というのを明確にして選ぶ必要があるでしょう。
先端テクノロジーの導入という観点からいくと、byodでは比較的短期間に新しいモバイルデバイス、テクノロジーを利用できるでしょう。
一方会社配布のモバイルデバイス端末に関しては、全社的に取り組む必要があるため、採用が先伸ばしにされやすいです。デバイス端末のリプレーステクノロジーの採用などが延期してしまうと、非常に問題となります。
ユーザー視点と企業視点で考えた時に、byodと会社支給ではメリットが異なります。

Posted in 未分類 | Leave a comment