byodの課題とは?

byodは個人所有のスマートフォンやタブレット端末を企業の業務で利用することを言います。byod導入事例は年々増えており、コストカット、業務効率アップにつながるbyodは企業にとっては非常に魅力的です。
ただbyodにはいくつかの課題もあります。まずセキュリティ対策にかかる管理コストは、通常の会社支給のモバイルデバイス端末を管理する時に比べても費用アップにつながることがあります。
このセキュリティ対策をしっかりと行っておかなければ、円滑にモバイルデバイス端末の管理を行うことはできません。
また社愛へマルウェアが進入する危険性も、byodを導入することで起こります。その他、業務システムとの連携を行うためのコストゾウや労働時間の長期化などもbyodによって起こる課題になるのでこの点はしっかりと対策を掲げて行く必要があるでしょう。会社によっては私物のモバイルデバイス端末による業務への使用を禁止しているところもありますが、しっかりと管理が出来ている状態であれば問題はありません。

Posted in 未分類 | Leave a comment

海外製、国内製のmdmソリューション

日本国内で利用できるmdmソリューションは、日本製のmdmソリューションもあれば、海外製のmdmソリューションもあります。
世界的に導入されているmdmであれば、導入実績が多く、世界各国で使用されているので安心感があるでしょう。
また日本のmdmソリューションであれば、日本人が使いやすいように開発されているツールが多いので、安全面もばっちりです。
大切なのは海外製、日本製にこだわるのではなく、機能の違い、使いやすさ、価格面などを考慮してmdmソリューションを比較することです。
mdmソリューションはロックやワイプ、データ漏えい、フィッシング防止などのセキュリティ確保と業務端末運用の効率化をマルチプラットフォームで実現しています。
業務端末運用の機能としては、ファイル同期、グループウェアとの連携、専用端末化、位置情報の把握、アプリケーションの配信・更新、端末のリモートコントロールなどがあります。

Posted in 未分類 | Leave a comment

日本でbyod導入が進まない理由、課題とは?

アメリカなど海外においては5人に4人はbyodを導入していると言われるほどbyodが普及しています。
byodとは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用する時に、個人で所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用することを言います。
このbyodは海外では広がっているものの、日本国内においてはまだそれほど浸透していないという現状があります。
アメリカでは80%の導入率があるbyodですが、現段階での日本のbyod導入率は20%程度です。
日本でのbyod導入が進まない理由、課題はたくさんありますが、紛失や盗難、マルウェアへの感染などによる情報漏えいを防止するために、byodの導入を禁止している企業が非常に多いのです。企業で支給したモバイルデバイス端末であればしっかりとセキュリティ強化を行うことができるので、byodは心配だと考える日本企業が多いようです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

一括管理だけではなく、業務にも便利なmdm

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括購入して導入するケースや個人が所有するモバイルデバイス端末を導入するケースなど様々ですが、スマートフォンやタブレットなどを業務で使用する機会が増えています。大量のスマートフォンやタブレット端末を用意に一括管理できるソリューションツールがmdmです。
mdmとは初期設定を一括で行うことができたり、紛失、盗難時にリモート操作でデータ消去や初期化をおこなったりと、様々な機能を備えています。
またスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理効率化をサポートする機能はもちろんですが、その他にも実際の業務にモバイルデバイス端末を活用するための機能も備わったmdmもあります。
業務での活用機能が搭載されたmdmは営業担当者に、最新の資料を一斉送信したり、業務連絡のテロップを画面に流したりするなど、多彩な機能で業務効率化を図ることができます。

Posted in 未分類 | Leave a comment

学校でのmdm機能

学校でタブレットの導入が進められている現在、注目されているのがmdmです。mdmはタブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末の管理を行う管理ツールであり、タブレットを安全に効率よく使うためには欠かせないソリューションと言われています。Mdmとタブレットを同時に導入するケースも多いです。
mdmではパソコンに近い機能を持っているスマートフォンやタブレットなどを、情報セキュリティの観点から管理、運用するソフトウェアです。
企業での利用が中心でしたが、端末情報のバックアップ、紛失時の不正利用対策、アプリの顧客情報配布、更新などの機能が企業でよく使われてきました。
教育現場においても生徒たちが不正使用しないように利用制限を設定したり、授業で使用するアプリを一斉配信したりする機能があります。煩雑なタブレット管理を教師だけで担当するのは無理があります。教師の負担を軽減するという意味でもmdmは重要な位置付けになるでしょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

mdm導入における3つのプラットフォーム

mdmはモバイルデバイス管理ツールのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の一元的な管理を支援しているソリューションになります。
企業や教育機関のモバイルデバイス導入が進む現在、導入したモバイルデバイス端末の管理にはモバイルデバイス管理ツール=mdmを導入する企業が増えています。
mdmといえばiPadなどタブレット端末やスマートフォンなどのモバイルデバイス端末を管理するシステムのことであり、mdmで管理できることはデバイスの種類やOSのプラットフォームごとに異なります。モバイルデバイスは大きく分けると、appleのiOS、GoogleのandroidOS、MicrosoftのWindowsOSの3つのプラットフォームが採用されています。
appleのiOSが搭載されているiPhoneやiPad、iPodtouchなどでは同じiOSバージョンの場合は、基本的には同じ管理機能を利用することが可能です。
一方Googleのandroidが搭載されているデバイスは端末メーカーが本体を開発しているので、メーカーごとに同じOSでも仕様はことなります。

Posted in 未分類 | Leave a comment

byodとmdmソリューションの関係性

個人所有のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の持ち込みをbyodと言います。職場がbyod環境であれば、モバイルデバイス端末を置いていくのではなく、持ち運ぶことが可能になります。
byodを導入することで従業員に働く場所や時間における柔軟性を提供することができるため、働き方の選択肢が拡大されるでしょう。
また私物のモバイルデバイス端末を導入することで企業の支出を削減して、作業の遅れを解消、さらに運用コストを低減できるため運用の合理化がはかれます。
byodを導入する上で注意しておきたいのがセキュリティ対策になります。従業員がマルウェアを導入したり、機密データを紛失したりした時のための対策としてmdmソリューションによる一元管理は重要になってくるでしょう。スタッフがさらに多くの仕事を効率よく行えるためにはbyodやmdmソリューションの企業のおける導入は重要と考えられています。

Posted in 未分類 | Leave a comment

mdmとは?基本的な機能

mdmとはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理ツールになります。mdmを導入することによって企業や教育現場で大量のモバイルデバイス端末を一括導入する際の初期設定や管理などが非常にスムーズに行えるようになり管理の効率化につながります。
またmdmではセキュリティ対策などの機能も充実しているので、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の情報漏えいを防ぐ対策にもつながります。
mdmの具体的な方法としてはアプリケーションを使用して画面のキャプチャや録画などをするのを禁止したり、クリップボード履歴を保存することを禁止したりするなど、モバイルデバイス端末の利用制限も可能です。
スマートフォンやタブレットなどは携帯性に優れているため、どうしても紛失、盗難のリスクがつきものです。紛失、盗難があった時に、遠隔操作でモバイルデバイス端末を使用できない状態にするリモートロック、リモートワイプの導入も欠かせません。

Posted in 未分類 | Leave a comment

byodが抱える課題

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入、活用が進む中で、byodはIT部門にとって課題となっています。
近年、モバイルデバイス端末を持っていない人はほとんどいないでしょう。
モバイルデバイス端末は私生活だけではなく、ビジネスにいて大きな生産性を及ぼしています。社員のモバイルデバイス端末の利用を受け入れること、推奨することは利便性を高めるという上で理想的です。しかしその一方セキュリティ対策などの課題が生まれてきます。
byodは個人のモバイルデバイス端末をビジネスに利用することであり、セキュリティ面において非常に管理が大変であるという課題があります。
byodは個人のスマホやタブレットを使うことで2台持ちをせずにすみ、効率的に業務にモバイルデバイス端末を活用できるという大きな利点があります。
しかしbyodで利用することによってモバイルデバイス端末が重くなったり、使いにくくなったりするような問題も生じてきます。

Posted in 未分類 | Leave a comment

プラットフォームOSの違いによるmdmの機能

appleのiOSのプラットフォームが搭載されているモバイルデバイス端末と言えば、iPad、iPhone、iPadtouchなどが主流となっています。
これらのiOSでは同じバージョンのiOSの場合は、基本的には同じ管理機能ツール=mdmを利用することが可能です。
一方、Googleが開発したandroidOSの場合はどうでしょうか?Googleのandroidが搭載されているモバイルデバイスは端末メーカーが本体を開発していて、メーカーごとに同じOSであっても仕様が異なっている場合が多いで。そのためandroidOSがサポートしているmdmの管理機能だけではなく、モバイルデバイス端末メーカーが独自の管理機能としても用意しています。
MicrosoftのWindowsOSでは、Windows8以前のものは管理できる機能が限られていましたが、Windows10以降のバージョンのものであれば、管理機能は増えています。

Posted in 未分類 | Leave a comment